2020年9月〈東京ゾーン〉の展示替えをおこないました!

2020/09/16展覧会・常設展

9月展示替情報 東京ゾーン

常設展示室(5階)で展示替を行い、9月8日(火)から新たに資料を展示しています。

おすすめの資料を紹介します。

 

1、	東京二十景 大根河岸の朝

①、東京二十景 大根河岸の朝(原画)

Twenty views of Tokyo/ The morning of Daikongashi riverside (Original picture)

展示コーナー:T4 市民文化と娯楽 東京文化展望コーナー

展示期間:2020年(令和2)9月8日(火)~10月11日(日)

1927年(昭和2)頃 川瀬巴水/画

 

 大根河岸は、現在の中央区京橋三丁目・八重洲二丁目辺りに位置し、京橋川沿いに青物市場があったことからついた河岸の俗称です。東京湾に面し、隅田川の豊かな水流に恵まれた東京では、かつて市中にめぐらされていた掘割が物資の輸送に利用されていました。

 川瀬巴水による原画と、それをもと制作された版画を並べて展示しています。

 

東京市第二水道拡張計画図

②、東京市第二水道拡張計画図

Plan drawing of the second water supply expansion project

展示コーナー:T6 モダン東京 大東京の成立コーナー

展示期間:2020年(令和2)9月8日(火)~12月6日(日)

昭和10年代(1935-1944年) 東京市水道局/作成

 

 東京の近代の水道システムは、江戸時代以来の玉川上水路を利用して多摩川の水を淀橋浄水場に引き込み、沈殿・ろ過後、圧をかけて鉄管で市内に給水するものでした。

 東京市の拡大による水需要の増加に対応するため、1913年(大正2)より村山・山口貯水池の建設などによる水道拡張事業が行われ、24年の歳月を経て完工に至りました。

 しかし、水需要のさらなる増加が予期されたため、同事業の完遂を待たずに、小河内貯水池と東村山浄水場の建設を軸とする第二水道拡張計画が立案されました。

 

SPレコード「船頭可愛や」、古関裕而「船頭可愛や」サイン帳より

③、SPレコード「船頭可愛や」、古関こせき裕而ゆうじ「船頭可愛や」サイン帳より

SP record ‘To love a boatman’ and Yuji Koseki signs ‘To love a boatman’

展示コーナー:T6 モダン東京 戦争への道コーナー

展示期間:2020年(令和2)9月8日(火)~2021年(令和3)2月7日(日)

SPレコード:1935年(昭和10)7月

      古関裕而/作曲 高橋きく太郎/作詞 音丸おとまる/唄

      コロムビアレコード

サイン帳:1936年(昭和11)2月

            宮城玖女与くめよ氏寄贈

 

 古関裕而は、昭和前期から後期にかけて活躍した作曲家です。数多くの流行歌、映画音楽、軍歌の作曲を手掛け、戦後も多くのヒット曲を世に送り出しました。

 古関作曲、高橋作詞のコンビで作った「船頭可愛いや」は、古関のコロムビア入社以来、初の大ヒット曲となりました。翌年、サインの求めに応じた古関は、氏名の他、前年にリリースし大ヒットとなった代表曲名と帆掛け船のイラストを記しています。

 

展示替えマップ