ロゴマーク

江戸東京博物館

江戸東京博物館のマークは、江戸時代の謎の浮世絵師と言われる東洲斎写楽(とうしゅうさい しゃらく)が描いた、有名な役者絵「市川蝦蔵の竹村定之進」(いちかわえびぞう の たけむらさだのしん)の左目をもとにデザインされたものです。見得をきった瞬間の力のこもった目の表情が、博物館を訪れる人びとの驚きや好奇心を表現しています。また、遠い江戸時代からの視線は、現在、そして未来の東京までも見守っているようにもみえます。(佐藤晃一氏デザイン)

江戸東京博物館公式キャラクター ギボちゃん

ギボちゃん

平成15年3月、江戸東京博物館開館10周年を迎えるにあたり、都民により親しまれるために、公募によりキャラクター部門の優秀作品として選定されました。 江戸東京博物館常設展示にある日本橋欄干(らんかん)の擬宝珠(ぎぼし)をいただいた親柱をイメージしたものです。

ギボちゃんの出演予定

Twitter