新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、土曜日の開館時間延長は中止しております。

チケットうりば(1階・3階)

1階 9:30~17:00(土曜日は9:30~19:00)
3階 9:30~17:00

※クレジットカード使用可

特別展示室(1階)

江戸東京の歴史と文化に関係するテーマを中心に、特別展を年に5回程度開催しています。
特別展の詳細についてはこちらをご覧ください。

常設展示室(5階・6階)

常設展示室

※原則、体験展示の使用と大規模模型の解説を休止しています。

5階と6階が吹き抜けになった、約9,000㎡の大きな展示室は、「江戸ゾーン」「東京ゾーン」「第2企画展示室」で構成されています。綿密な調査研究を踏まえて復元した実物大の大型模型や当時の様子を忠実に再現した縮尺模型、当時の人々が実際に使っていた実物資料などを豊富に展示しています。江戸東京の都市と文化、そこに暮らす人々の生活を楽しみながら学ぶことができます。
常設展の詳細についてはこちらをご覧ください。

図書室(7階)

図書室

江戸東京博物館図書室では、新型コロナウィルス感染症拡大防止のため当面の間以下のような取り組みを行ないます。利用者の皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご協力をお願いいたします。

詳しくはこちら

江戸東京の歴史や文化に関する約20万点の図書や雑誌、マイクロフィルムがあります。
開室時間:9:30~17:30
閲覧・複写請求受付時間:9:30~11:30、13:00~16:30

映像ライブラリー(7階)

映像ライブラリー

当館オリジナルの映像作品を中心に、4分~73分間の作品を専用端末でご覧いただけます。ご利用の際は受付で専用ヘッドホンを貸出いたします。タッチパネルで作品を選び、ご鑑賞ください。

  • 【開室時間】9:30~17:30

2020/08/25映像ライブラリー

2020年9月のおすすめ

作品番号17

映像で綴る東京の昭和 第3巻

―モダン東京―

 

東京都江戸東京博物館/制作

1992年
11分

 世界大恐慌の下で、東京では会社の倒産により多くの人々が仕事を失いました。また、農村では凶作が深刻になります。その一方で、アメリカの文化・風俗を取り入れた銀座、浅草などの盛り場がにぎわうようにもなります。この作品では、当時の街の様子や人々の娯楽を紹介するとともに、満州事変へと向かう日本の姿を追います。

作品番号152

都市はじめて物語

 

大成建設 桜映画社/制作

1996年
30分

 昭和2・30年代、江戸の面影を残していた東京は、関東大震災後の都市整備によってすっかり生まれ変わり、若いサラリーマン家族はアパート住まいやデパートでの買物などモダンな生活に憧れました。この作品では「少年探偵団」の小林少年が年老いた姿で登場し、過去を回想しながらモダン昭和の東京を紹介します。

作品番号288

東京の近代洋風建築

 

東京都映画協会/制作

1986年
28分

 昭和初期、モダンでエキゾチックな建築や、西洋の家具・調度を取り入れたアールデコ風の華族の邸宅は、成熟した一つの時代の遺産でした。西欧の戦火に伴い、近代主義の建築家たちも時代の潮流にのみこまれます。空襲によって建築的遺産も消失しましたが、戦後の急速な復興によってめざましい建築のルネッサンスがおきました。

作品番号314

銀座八丁

 

東京都映画協会/制作

1964年
13分

 江戸時代、幕府の銀貨鋳造を担っていた銀座。明治から戦前までは、レンガの建物や人力車・ガス灯、また各新聞社が集まるなど、銀座は流行の最先端に立っていました。戦後は、朝・昼・夜と様々な顔を見せ、値段のない町とも言われました。この作品では、江戸時代からの銀座の変遷(制作当時の昭和39年まで)を紹介しています。

作品番号477

東京の伝統工芸品 第33巻

江戸木版画

 

東京都産業労働局/制作

1994年

31分

 木版画の歴史は古く、約1,200年前に木版を利用して衣服の文様を表した蛮絵(ばんえ)が正倉院に所蔵されています。江戸時代になると、下絵を描く絵師、版木に彫る彫師、紙に摺る摺師の分業体制が形成されます。歌麿、北斎、広重など、人気の絵師により、今日なお高い芸術的価値を評価される作品が多数つくられました。

2020/09/24映像ライブラリー

2020年10月のおすすめ

作品番号55

絵画に見る江戸東京3

水辺の風景 -近代-

 

東京都江戸東京博物館/制作

1992年
14分

 かつて水の都であった江戸。幕末から明治へ、江戸から東京へ、時代が大きく動いていくにつれ、水辺もその姿を変えていきました。近代化の流れの中で、移りゆく水辺の風景を画家たちはどのように描いたのでしょうか。この作品では、小林清親、織田一磨、川瀬巴水、藤牧義夫の四人の作品を取り上げ、近代の東京の水辺の風景を追います。

作品番号73

東京の建築物

 

東京都江戸東京博物館/制作

1993年
25分

 明治期に建設された近代洋風建築物、関東大震災後の復興事業で建築された鉄筋コンクリートの建物、下町の看板建築や山の手の一戸建て住宅、多摩地方の農家など、代表的な東京の建物を紹介します。

作品番号310

日本橋から六郷まで

 

東京都映画協会/制作

1962年
13分

 日本橋から六郷までの東海道の今昔を紹介します。江戸時代、全国の交通拠点として日本橋が架けられ、街道が整えられました。京都に行く時に通過することからその名がついた京橋、日本初の近代道路である銀座通り、明治初期の鉄道敷設によって建てられた新橋駅、江戸四宿の1つである品川宿、そして六郷へと江戸時代の古い街道は続きます。

作品番号71

銀座は路上ビックリ箱

 

東京都映画協会/制作

1964年
13分

 東京の銀座には、デパートや数々の老舗店などの華やかさに隠れて目立たないものがたくさんあります。デザイナーの林丈二さんが、銀座のマンホールやビルのレリーフ、裏道の猫など様々なものを観察し、粋な銀座の楽しみ方を紹介します。

作品番号399

丸の内の一つの試み

銀行倶楽部建物の再生、継承

 

岩波映画製作所/制作

1994年

36分

 ルネッサンス風の端麗さとイギリスの伝統が混じり合う独特のデザイン、クラシックな装いに満ちた広間、ギリシャ風の大理石の柱など、東京銀行倶楽部建物は大正のイメージを集約しそのまま未来に引き継いでいます。この作品では、銀行倶楽部建物の建て替えを通して、歴史の遺産を未来につなぐ方法を考えます。

2017/07/22映像ライブラリー

映像ライブラリー 全作品目録

小ホール(1階)

映像上映に関するお断り

1階小ホールでの映像上映は、当面の間、休止させていただきます。

1階小ホールでは、隔週で特別展(1階)・企画展(5階常設展示室内)に関連する作品や、江戸東京の文化や歴史に関する知識を深めることができる映像作品を上映しています。ぜひご利用ください。

  • ※小ホールは1階正面玄関入って左手にあります。
  • ※各上映時間の10分前に開場いたします。
  • ※館の事業により、プログラムや上映スケジュールを変更する場合があります。
     詳しくはスタッフにお問い合わせください。

レストラン・カフェ(1階)

カフェ三笠 江戸東京博物館店(1階)

銀座 三笠会館による初のカフェ。軽食もご用意しています。ご休憩のひと時をお過ごしください。

  • 営業時間 10:00~18:00(土曜日は~20:00)
  • ラストオーダーは閉店の30分前
  • 約32席 全席禁煙
  • TEL:03-6456-1246

カフェ三笠 江戸東京博物館店のおすすめメニュー

銀座洋食 三笠會館 江戸東京博物館店(1階)

銀座洋食 三笠會館 江戸東京博物館店

銀座の地で90年余りの歴史を刻んできた、三笠会館伝統の洋食メニューを一堂に。ここでしか味わえない限定メニューもご用意。博物館鑑賞の余韻と共にご賞味下さい。

  • 営業時間 10:00~18:00(土曜日は~20:00)
  • ラストオーダーは閉店の30分前
  • 1階62席 (2階団体専用約72席) 全席禁煙
  • TEL:03-6240-4877
  • 団体のお客様のご予約も可能です。

銀座洋食 三笠會館 江戸東京博物館店のおすすめメニュー

※「和食・甘味処 桜茶寮」は、2020年3月31日をもって閉店しました。

ミュージアムショップ(1階・5階)

ミュージアムショップ

1階総合案内所横と5階常設展示室内にミュージアムショップがあります。ここでは、当館の出版物を含め、江戸東京に関する図書を販売しています。一般書店では手に入りにくい当館の過去の特別展カタログもお買い求めいただけます。このほか、当館の収蔵品をもとにデザインした絵はがき、文房具などさまざまなミュージアムグッズを販売しています。ご来館の記念に、またご家族やご友人へのお土産にどうぞ。

  • 営業時間 9:30~17:30(土曜日は~19:30)
  • TEL:03-6456-1781

書籍類

江戸東京博物館
常設展示総合図録3版

■999円(税込)

全125ページ

模型でみる江戸東京
江戸東京東京博物館常設展示図録〔模型編〕

■961円(税込)

全129ページ

図表でみる江戸東京
江戸東京東京博物館常設展示図録〔図表編〕

■1,761円(税込)

全261ページ

祝祭都市:江戸東京 江戸東京博物館所蔵浮世絵版画コレクション

当館の所蔵品の中から、浮世絵版画の名品を収録。

■1,833円(税込)

全187ページ

新 江戸東京たてもの園物語

江戸東京博物館長 藤森照信を聞き手として、高畑勲監督、宮崎駿監督おふたりへのインタビューも掲載。たてもの園の建物の魅力がたくさん詰まった一冊です!

■2,549円(税込)

全447ページ

企画・編集:江戸東京たてもの園 スタジオジブリ

 

その他の書籍は刊行物一覧をご覧ください。

えどはくオリジナルグッズ

江戸博コレクション
武蔵野図屏風シリーズ
スカーフ

■7,600円(税込)

詳細はこちら

江戸博コレクション
武蔵野図屏風シリーズ
風呂敷 de スカーフ

■7,600円(税込)

詳細はこちら

ギボちゃんぬいぐるみ

江戸博公式キャラクター『ギボちゃん』は当館常設展にある日本橋欄干(らんかん)の擬宝珠(ぎぼし)から生まれました。

■1,500円(税込)

高さ約23cm

ポリエステル

えんぴつ

■ギボちゃん:160円(税込)
■ロゴマーク:160円(税込)

丸軸B芯3本セット

赤絵みみずく人形
赤絵みみずく人形

子供を災厄から守るという版画の赤絵みみずくを人形にしました。

■大:2,114円(税込)

高さ約10cm

■小:471円(税込)

高さ約3.5cm

*手作りのため、多少大きさ・表情が違います。

ロゴマグカップ

故事や縁起のよい言葉の語呂合わせなどからデザインされて、江戸の暮らしに密着した『良い兆し』『おめでたいこと』を意味する吉祥文様をあしらいました。江戸の洒落っ気をお楽しみ下さい。

■1,100円(税込)

直径約7.7cm 高さ約9cm

陶器

オリジナルトートバック

博物館のロゴマークの入ったタグがサイドに付いています。

■3,300円(税込)

縦 約40㎝(※持ち手含まない)
幅 約37㎝
マチ 約10㎝

内ポケットあり

綿100%

えどまるぬいぐるみ

アニメーション映画監督の宮崎駿さんにより制作された、緑豊かな野外博物館の江戸東京たてもの園のマスコットです。

■えどまるぬいぐるみS:972円(税込)

長さ 約22cm

ポリエステル

■えどまるマスコット :581円(税込)

長さ 約10cm

ボールチェーンつき

ポリエステル

 

商品の一部はオンラインショップでお買い求めいただけます。

江戸東京博物館オンラインショップ

墨田区文化観光コーナー(1階)

墨田区および近隣区の情報を発信しております。観光マップ、各種イベントパンフレットなどを取り揃えておりますので、ぜひご利用ください。
※なお、下町銘菓やお土産等の販売は2020年3月29日をもって終了しました。

貸出施設(1階)

大ホール

大ホール

小ホール

小ホール

会議室

会議室

学習室1

学習室1

学習室2

学習室2