館長挨拶

 2016年7月より竹内誠館長のあとを受け、館長となりました。
 当館との関わりは長く、開設準備の段階で最若手として、本館の近代の展示と分館たてもの園の収蔵を担当しました。その時は、初代館長児玉幸多先生を遠くに見るだけでしたが、後に二代目館長に就任した小木新造先生と三代目の竹内誠先生からは直接の指導を受けました。
 その後、江戸東京博物館運営委員など各種委員として館の動きを見てきました。
 当館は博物館としては歴史は浅いけれど、それでも紆余曲折は避けられず、館内外の努力と知恵により現在に至ったわけです。もし、竹内先生なかりせばこうはいかなかったと、改めて18年の長きに及ぶ館長としてのご尽力に感謝いたします。
 竹内先生には名誉館長として今後もご指導を受けることになっております。
 常設展示もリニューアルを実現し、特別展示も実績を積み、首都東京の歴史 系博物館として名実ともに確たる地歩を固めることができました。そしてこの方向を維持してゆくのが私の務めと考えています。
 2020年の東京オリンピックを迎えるにあたってのボランティアや展示解説や展覧会など、これから数年かけての仕事に、急がず慌てず取り組んでゆくつもりですので、よろしくお願いいたします。


東京都江戸東京博物館 館長 藤森照信