夏休みふれあい体験教室、大盛況!

2016.08.12イベントレポート

7月最後の週末、江戸東京博物館ではさまざまなふれあい体験教室を開催しました。

 

◇切り子体験教室

江戸博オープン以来、毎年、夏休みに開催している切り子体験教室が7月29日(金)、30日(土)に、1階会議室で開催されました。毎年大人気の教室です。

syo20160811_1

 

ふれあいスタッフのガラス工芸班が用意した、江戸切子解説コーナー。被せガラスの作品、江戸切子の代表的文様、幕末に出版された、ガラス商の引き札(チラシ)などが展示されています。

syo20160811_2

 

文様が見えやすいように、黒の紙の上にサンプルのボウルが載せてあり、みんなはこれを見て文様の構想を練ります。

syo20160811_3

 

ガラスボウルにマジックで好きな柄を描き、それをグラインダーで削っていきます。
墨田区在住の伝統工芸士、川井更造さんなど職人さんからやり方を教わりながら、削っていきます。みんな真剣な表情ですね。写真はお子さんばかりですが、大人の方も参加されてましたよ。

 syo20160811_4

 

削り終わったら、色紙の上に乗せて、色と柄を楽しみます。みんな上手にできましたね。

syo20160811_5

 

お帰りの際には、ガラス工芸班のメンバーが包装して、かわいいパンダのポリ袋に入れてくれるので、割れ物だけど、持ち運びも安心ですね。

syo20160811_6

ご参加有難うございました。
グラインダーは設置も後片付けも重くて大変。職人さんとガラス工芸班のメンバーの連携で、無事今年も教室を終えることができました。

 

◇ときめきユカタ体験

ふれあいスタッフキモノ班が企画する「ときめきキモノ体験」は、常設展示室5階ミュージアムラボの体験住宅の中で、洋服の上からキモノを着ていただく体験教室です。7月30日(土)、夏バージョンの「ときめきユカタ体験」が開催されました。夏休みのせいか、小さなお子様連れのお客様がたくさんご参加いただきました。
台湾からいらしたお母さんとお嬢さん、ユカタ姿がステキですね。体験住宅の外からお父さんが何枚も写真を撮っていらっしゃいました。ご家族での来日は二回目。一回目は桜を見にいらしたそうです。季節ごとに日本をエンジョイしていらっしゃいますね。お父さんは朝野新聞のファサードにも興味津々。台湾にはまだこういう建築が残っているそうです。
ご参加の皆さま、どうも有り難うございました。次回8月27日(土)も「ときめきユカタ体験」です。ぜひ、お気軽にご参加ください。

 syo20160811_7

 

 

◇藍の建て染め体験

こちらも江戸博オープン以来続いている、夏休みの体験教室です。3階広場の休憩室で、7月30日(土)に開催されました。

 syo20160811_8

 

いくつかの部分を輪ゴムで縛ったり、棒をはさんだりしたハンカチを、ポリバケツの藍甕で育成している藍につけて、染めていきます。ふれあいスタッフ藍染班のメンバーがていねいにアドバイスしていますね。

syo20160811_9

 

 染めたときは緑なのに、水ですすぐと、あら不思議、きれいな青になるんだね。かっこよくできました。他のお友達も、良い柄ですね。

syo20160811_10

 

こちらのお友達は、妹たちも興味深々。姉妹で藍染のフシギを体験していただくことができました。

 syo20160811_11

 この他にもたくさんの方がご参加くださいました。有難うございました。
次回は、当日でも参加できる、「秋の建て染め教室」(9月10日(土))です。
大人の方もご参加いただけます!ぜひ、お気軽にご参加ください。

 

◇親子で作ろう「江戸ぱたぱた」

ふれあいスタッフ昔遊び班の企画による木工工作の体験教室、親子で作ろう「江戸ぱたぱた」が7月31日(日)、1階会議室で行われました。からくりおもちゃ「江戸ぱたぱた(変わり屏風)」を親子で力を合わせて作ります。完成品はこんな形(左)。折りたたむとこんな感じです(右)。

syo20160811_12

 

 親子のチームに、材料と道具がセットで用意されます。

syo20160811_13

 

スクリーンに映しだされる指示に従って、作業を進めていきます。

 syo20160811_14

 

のこぎり、かんな、紙やすりなどを使って屏風の部品を作ります。

 syo2016081_155

 

 部品ができたら、シールを貼って、つなげていきます。

syo20160811_16

 

 ついに完成!みんな個性的な作品になりましたね。

syo20160811_17

 みなさん、ご参加有難うございました。
ふれあい体験教室ではさまざまなワークショップを館内で実施しています。
HPをチェックして、お気軽にご参加くださいね。https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/event/class/

※写真はすべて事前に掲載のご承諾を頂いております。