『あつまれ どうぶつの森』 江戸東京博物館所蔵資料マイデザイン第二弾!

重要なお知らせその他

 edohaku_mv2

 

「あつまれ どうぶつの森」の世界で自由に飾れる、江戸東京博物館所蔵資料をマイデザインで公開いたします。イーゼルに飾ったり、壁や床に貼ったりしてお楽しみください。

今月は、江戸東京博物館所蔵資料のうち、「ねこ」「江戸の模様」をテーマに厳選してご紹介します。

 

ねこ

江戸の模様

 

ねこ

 

2月22日は、猫の鳴き声「222(ニャンニャンニャン)」に由来する猫の日です。

江戸東京博物館所蔵資料から、かわいい猫の画像をご紹介いたします。

 

ねこシリーズ

 

 ひろしげのねこ

名所江戸百景 浅草田甫酉の町詣 歌川広重/画

吉原楼閣の階上の窓辺で、短い尻尾の白猫がじっと外を眺めています。視線の先には、浅草の田んぼと“おとりさま”(現、鷲神社)の酉の市(トリノイチ)に向かう人々の行列。窓の内側には、参詣土産の熊手型のかんざしが、そっと置かれています。

 

img_asakusa qr_asakusa

 

 はたらくねこ

花盛士農工商 歌川国貞(初代)/画

お正月遊びの道具、羽子板作りに忙しい美人を見上げる猫。猫の手も借りたい歳末の光景ですが、猫は暖かい火鉢の横に座っています。この猫も、隠れた場所では家の中の鼠を狩って役に立っているのでしょう。

 

img_shinokosho qr_hanasakari

 

 ねこのおんせん

流行ねこのおんせん

「猫温泉」に集まった猫たち。猫は水に濡れるのが苦手なはずですが、浴場の猫は気持ちよさげで2階の広間でも楽しげに笑っています。銭湯の2階のにぎわいを、猫に置き換えて描かれたおもちゃ絵です。

 

img_nekoonsen qr_onsen

 

 ねこのかるわざ

新板 猫のかるわざ 幾年/画

大入りの軽業興行。三味線や太鼓の音が鳴る小屋の内外で、綱渡りや曲乗り、足芸をする身軽な猫をわいわい、がやがやと見物する猫。江戸時代から大人気だった曲芸は、明治時代も浅草奥山などで度々催されました。

 

img_karuwaza qr_karuwaza

 

 うるさそうなねこ

風俗三十二相うるささう 寛政年間処女之風俗 月岡芳年/画

寛政年間に流行った髪型、灯籠鬢とうろうびんの娘とその飼い猫。娘の猫かわいがりがうるさく、構われすぎるのが苦手な猫は、少し迷惑そう。猫の首輪と娘の襦袢はお揃いの布のようです。

 

imig_urusaso qr_urusaso

 

 つちでできたねこ

土人形 招猫 金沢(尾張屋)春吉/作

浅草の北、今戸の地で盛んに作られた素朴な焼き物、今戸焼の招猫です。土人形は元禄頃から作られ、浅草で土産物として売られていました。

 

img_manekineko qr_manekineko

 

bnr_pattern

 

江戸の人々の間では、細やかな〈小紋〉や直線の〈縞〉など、明快であっさりとしたデザインが好まれ流行しました。その中から、いくつかのデザインをマイデザイン化しました。

 

edomoyo_kv

 

 いちまつもよう

市松模様とは、二色の正方形を交互に配置した柄。元禄模様とも。江戸時代、歌舞伎の佐野川市松が袴に用いたことからといわれます。

 

img_ichimatsu2 qr_ichi

 

 こもちじま

子持ち縞とは、太い線の近くに細い線を平行に配した縞模様。

細い線が片側だけにあるものは、片子持ち縞、両側にあるものは、両子持ち縞と呼ばれます。

 

img_shima qr_komochi

 

 よろけじま

よろけ縞は、湾曲した線で作られた縞模様。

 

imig_yoroke2 qr_yoroke

 

江戸東京博物館所蔵資料マイデザイン第一弾はこちら

 

あなたの島に飾ったら、ぜひハッシュタグをつけてつぶやいてください。

 

twitter_btn1

 

 

edohaku_ev2